【産毛消滅!?】自宅でのケアで鼻の下の毛を薄くする方法

自宅でのケアで鼻の下の毛を薄くする方法

専門の施設に通わずに自宅でのケアで鼻の下の毛を薄くする方法があります。一つ目は、フラッシュ脱毛器を使って永久脱毛に近い効果を得ることです。ここで注意したいのが、対象となっているパーツに顔も含まれていることを確認することです。

 

全身に使えるという謳い文句であっても顔は対象外となっていることもありますので、顔に使えるかどうかは必ず確認しなければなりません。顔に使える場合、ヘッドの種類として小さめのものがついてくるはずです。

 

細かなパーツを処理するためには小さなヘッドが必要です。フラッシュ脱毛器で鼻の下の毛を処理すれば、どんどん毛質が変わってきて細くて目立たないものになりますので、頻繁に自己処理を行わなくても良くなります。根気良く続ければ、お手入れ不要の状態にすることも可能です。

 

もう一つの方法は、毛抜きなどで抜いた後に発毛抑制ローションを使うことです。毛抜きをした後でなくても良いのですが、より浸透率を高めて有効成分の働きを引きだすにはムダ毛のない状態の方が良いので、脱毛をしながら利用するのがお勧めです。

 

抜いた直後だけでなく、毎日欠かさず肌にすりこむことが重要であり、数カ月単位で様子を見る必要があります。

 

 

鼻の下の毛を女が剃るときのコツ

鼻の下の毛は女の人にとって非常に目立つ嫌なものでしょう。今までずっとカミソリで処理をしてきたのですが、32歳くらいから肌の乾燥が気になるようになりました。生活習慣に変化はないのですが、肌が非常に乾燥しやすくなっている感じです。

 

このままではダメだと思って、シェービングによる処理をやめました。とは言っても毛抜きで抜くのも無理がありますから、ネット通販で有名な脱毛クリームを使い始めたのです。

 

顔専用の脱毛クリームなので、鼻の下の毛にも使えるのが特徴でした。減毛させる作用があるとのことで、少しずつ細くなっている感じがします。全体的に軟毛になることで、次第に目立たなくなってきたのです。チクチクとした感覚がなくなりましたし、シェービングで処理したあとのように青くなることもありません。

 

女で鼻の下の毛が濃いと恥ずかしいですが、脱毛クリームを使用してからほぼツルツルになりました。ほとんど目立たないレベルまで変化したので、今はシェービングによる処理はしていません。

 

ツルツルを維持できていますから、顔全体が明るくなったように感じます。実際に鼻の下の毛が目立たなくなって、ムダ毛が色黒に見せてしまう要因となることを知りました。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?

 

 

鼻の下の毛が濃いときの対処法とは

鼻の下の毛は特に目立ってしまうので、毎日剃っている人は多いでしょう。自分自身も毎朝剃っていましたが、何度剃っても薄くなることはありませんでした。考えてみれば生えてくるヒゲの表面だけを処理しており、毛根に刺激を与えるわけではありません。

 

何度処理をしても濃いままなのは当然だと思いました。休日など時間のあるときは毛抜きで処理することもありますが、肌が敏感で非常に痛いので大変です。

 

家庭用脱毛器や脱毛ワックスの使用も考えましたが、鼻の下の毛には使用できないようです。顔やVIOラインには使用しないでくださいと記載されていました。エステ脱毛や医療脱毛を利用すれば薄くできるのでしょうが、それも面倒という感じでした。

 

そこで試してみたのが脱毛クリームと呼ばれるものです。鼻の下の毛に塗ることでムダ毛を薄くしてくれるそうです。

 

即効性は感じませんでしたが、使用することで鼻の下の毛が生えてくるサイクルが遅くなったように感じました。さらに数ヵ月も使用するころには、チクチクとした感覚がなくなっていたのです。

 

濃いと思っていたヒゲが少しずつ薄くなって、カミソリで剃るときもスムーズになりました。減毛作用もあるらしく、使用する前により鼻の下の毛が薄くなっていたのです。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?

 

 

鼻の下の毛穴の黒ずみを解消する方法は

鼻の下の毛穴の黒ずみが気になる人は多いでしょう。ここは特に黒ずみが発生しやすいのですが、その理由は頻繁にムダ毛処理をすること、紫外線を浴びやすいこと、などがあります。毛抜きで処理したときに痛いと感じる部位は、皮膚がデリケートだと考えてよいでしょう。こうした部位は黒ずみも発生しやすいので、保湿を入念に行ってください。

 

保湿をすることで、鼻の下の毛穴の黒ずみを抑えることが可能です。保湿というのは肌に水分という緩衝材を与える行為であり、肌を刺激から守ってくれるのです。保水力が低下している肌というのは、非常に紫外線のダメージを受けやすくなっています。紫外線をブロックしていくためには、保湿をした上で日焼け止めクリームを使用する必要があります。

 

鼻の下の毛穴の黒ずみ対策としては、脱毛クリームを使用する手もあるでしょう。これは毛根から抜くタイプではなく、減毛させる作用があるものです。ムダ毛を減毛させることで、シェービングをするときに楽になってきます。シェービングは肌を黒くする要因となりますから、鼻の下の毛穴の黒ずみ対策のためにはシェービングをしない方向でケアしていくのが効果的です。減毛作用のある脱毛クリームを使用すれば、肌を白くしていくことが可能でしょう。

 

 

鼻の下の毛が青い状態になる訳とは

全身の体毛の中でもヒゲは非常に濃くて、チクチクとしているのが特徴です。男性ホルモン量によって濃さが変わり、男性のヒゲだと銅線に匹敵するほどの硬さがあります。銅線よりはやわらかいと思うかもしれませんが、それは太さが細いからなのです。銅線と同じ太さだとするなら、肌に刺さるほど硬いです。

 

鼻の下の毛が青い状態になるのは、太い毛が皮膚に埋まっているためと考えてよいでしょう。肌から透けて青く見えるのですが、これが非常に不潔に見られてしまうのです。毎日鼻の下の毛を処理していても、青く透けて見えるというだけで不潔というレッテルを貼られることが多いです。この悩みを解消するためには、処理後に保湿をしておくことでしょう。それによって肌が白く見えるようになりますが、ヒゲが濃すぎると十分な効果は期待できません。

 

そうした人は医療脱毛を受けて、ムダ毛を薄くしていきましょう。確実にムダ毛を薄くする方法というのは、現在において医療レーザー脱毛だけです。エステもある程度薄くできますが、再び濃くなってしまう可能性があります。毛乳頭を破壊できるのは医療レーザーに限定されるため、青い鼻の下の毛を解消するなら医療機関で顔脱毛を受けておきましょう。

 

【PR】凄っ!口コミで話題のnoise(ノイズ)の魅力!