顔の産毛を糸を使って抜くやり方

顔の産毛を糸を使って抜くやり方

顔の産毛処理を糸でしているのを見たことがありますか?糸脱毛といって、糸に顔の産毛をからめて脱毛するやり方なのです。昔から色んな国で、もちろん日本でも顔の産毛を抜くやり方として糸を使用してきたそうです。

 

プロになると、さっさと抜いてくれるので、あまり痛みを感じないやり方だとは聞きますが、それでも毛抜きと同じなので、永久脱毛ではありません。どうせ痛い目にあう顔の産毛脱毛のやり方なら、エステサロンか医療脱毛を考えてみてはいかがでしょうか?

 

最近の女性は社会進出が進み、仕事のストレスも男性並みか、それ以上ですよね。子育てもあれば、そちらでもママ友間でのストレスがあり、睡眠時間は少なくなりと、トータルすると、男性以上に働いている女性が多くなってきました。

 

そこで、上記のようなストレスでホルモンバランスが崩れてしまい、もともと持っている男性ホルモンが優位になり、顔の産毛がひげ並みに濃くなる人が増えてきたのです。しかも、メイクしても目立つ産毛が生えている女性が増えてきたそうので、顔の産毛処理を電気シェーバーでしても青く見えたりするという女性もいるほどです。

 

しかも、社会で働く女性の半分以上は自分で処理をしていて、それが意外に当然だという風らしいのです。そういえば、大手家電メーカーから数千円で購入できる顔剃りシェーバーなどがかわいい色で売られていますよね。

 

眉毛を整えるのと顔剃りと一緒の役割をする電動シェーバーもあり、今やそういう女性には欠かせないツールとなっているかもしれません。毛抜きで抜くというのは本数も多いし、顔の産毛で細いから難しいですよね。時間もかかるし痛いしで、そんな暇はないと思いますので、よっぽどひげが生えている女性でないとしないと思います。

 

そこで、糸脱毛が出てくるのですが、You Tubeなどで方法が動画で見ることもでき、やり方をマスターすれば自分でもすいすい普通の家にある糸で脱毛が可能なので、毛抜きで1本1本抜くより早く済みますよ。

 

糸脱毛は、顔の産毛を痛みなく脱毛することができる上に、美肌効果もあり、化粧ノリがよくなると、最近日本でも大人気の脱毛方法なのですって。でも、本当に糸脱毛痛くないのでしょうか?

 

糸脱毛は、東南アジアの広範囲で行われていた脱毛方法で、インドやネパールでは、糸を使った脱毛は、身だしなみの一つとして、習慣があるそうです。糸脱毛をするのは、少しの刺激でマッサージ効果があり、毛細血管が刺激されてお肌のはりや弾力を保つということらしいです。

 

糸脱毛はあくまでも脱毛なので、また生えてきます。糸脱毛については、色々とネットに情報があふれていますので自分のお肌に合うかどうかを確認して、興味があれば試してみてくださいね!