フェイス脱毛に必要な回数は

フェイス脱毛に必要な回数は

フェイス脱毛で、自己処理がいらなくなるまでの回数は、医療レーザー脱毛の場合、6回から8回であるとされています。この回数は、他の部位に比べて多めです。ワキ脱毛なら、5回で済む人もそれなりにいるようです。

 

ワキ毛はとりわけ濃くて太いため、レーザー照射によって発熱しやすく、毛根が焼かれやすいので、永久脱毛状態になりやすい部位です。それと比較して、フェイス脱毛の場合は、産毛程度の細く薄い毛であることがほとんどであるため、効果が得にくい部位となっています。

 

顔の皮膚はとりわけ薄く、ダメージを受けやすいですから、なるべくならレーザーを照射したくはないものです。永久脱毛状態になるため、仕方なくやっていることです。それでも他の部位よりも、多めにレーザーを照射しなければならないわけですから、悩ましいことです。

 

肌へのダメージをなるべく最小限に抑えるには、レーザー脱毛期間中は、極力紫外線を避けることです。紫外線を避けて、通年で白い肌を保っておくのはもちろん不可欠なことですが、中でもとりわけ、レーザー照射のあとは、注意が必要です。

 

レーザー照射のあとは、肌が傷つきやすくなっていますから、紫外線は厳禁です。紫外線を避けるために、万全の対策をとりましょう。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?